Home > 一般的なムダ毛処理 > 自分で出来るムダ毛処理の種類別注意点

自分で出来るムダ毛処理の種類別注意点




自分で、ムダ毛処理をすることで、トラブルになっていませんか?


自分でムダ毛処理をするには、「剃刀(カミソリ)で剃る」「毛抜きで抜く」「脱毛クリームを使う」「ワックス脱毛で剥ぐ」などの方法がありますね。


ただし、それぞれにデメリットがあり、肌がブツブツしたり、肌が荒れたりということに悩まされます。


今回のコラムでは、自分で行なう代表的なムダ毛処理の方法について、どのような注意点があるのかを説明しましょう。


剃刀(カミソリ)に脱毛の注意点


剃刀ですね毛などを剃る人が多いと思いますが、一度毛を剃ってしまうと、毛が太くなったと感じたことがないでしょうか。

これは、剃刀で毛を剃ったために、毛の断面が広く見えるようになり、毛が太くなったと感じるのです。

毛の断面が目立つようになったのでは、せっかくムダ毛処理をしてオシャレをしたいと思っていたとしても嫌な気持ちになってしまいます。

また、剃刀ではビキニラインや背中など剃りにくい箇所があるため、うまくいかないと皮膚を切ってしまい、傷跡が色素沈着してしまうことさえあります。

このようなことにならないように、細心の注意を払って、剃刀を使わなくてはなりません。


毛抜きによる脱毛の注意点


毛抜きによる脱毛は、剃刀による脱毛よりも長い間、脱毛処理をしなくても良くなります。

これは、毛根から毛を抜くので、皮膚の表面から出ている毛を剃った場合と異なり、毎日のようにムダ毛処理をする必要がなくなるのです。


ただし、毛抜きによるムダ毛処理にも問題があります。

元気な成長期の毛を抜くと、どうしても肌がブツブツしてしまうのです。

せっかく肌を見栄えを良くしたいと願っているのに、肌がブツブツなったのでは嫌になってしまいますね。

また、埋没毛になる場合もあります。このことを考えると、1本1本の毛を抜くのはあまりオススメできません。

もしどうしても、毛抜きを使いたいというのなら、毛の生えている方向に従って、毛を抜いた方が痛みが少なくてすみますよ。



脱毛クリームによる脱毛処理


脱毛クリームで脱毛処理をする場合には、肌荒ればかりではなく、アレルギーになることにも注意が必要です。

脱毛クリームは、化学薬品によって毛を溶かします。そのため、人によっては、炎症を起こしたり、アレルギー体質になってしまう場合があるのです。

脱毛クリームによる無駄毛処理は、簡単にできるように感じるかもしれませんが、これらのことも念頭に十分に注意が必要です。


ワックス脱毛について


ワックス脱毛は、皮膚にワックスを塗り、いっきに剥がすことで脱毛処理を行なう方法です。ワックスを剥がす時に、かなりの痛みがあります。

痛みがある反面、毛抜きのように、1本ずつ無駄毛処理をしなければいけないということがないので、短時間で無駄毛処理できるのが魅力です。

ただし、ワックスを剥がす時に皮膚の表面の組織も一緒に剥がしてしまうことになり、肌荒れや肌の乾燥のトラブルになることがあります。



このように、自分で出来るムダ毛処理の方法を、一つひとつ確認してみると、なかなか「これが良い」というものが見つけにくいですね。


もし自分で行なったムダ毛処理が原因で肌のトラブルになっていたり、毎日のようにムダ毛処理をするのが嫌になっていたりということなら、永久脱毛について検討する時期が訪れているのかもしれません。



レーザー脱毛の場合、毛根の組織を破壊して、毛穴が目立たなくなるというメリットがあります。

これは、レーザー脱毛をしたら、

「肌がスベスベになった」

という感想を述べている人がたくさんいることからもうなずけます。



いつまでもムダ毛処理に悩まされることを止めたい。


永久脱毛は、そのように考える人にとって、とても魅力的なムダ毛処理の方法です。





Home > 一般的なムダ毛処理 > 自分で出来るムダ毛処理の種類別注意点

Search
Feeds
Meta

楽天で期間限定のお買物なら

Return to page top